最初のサブジョブの設定: ダイナミックスキーマを作成する - 7.3

Dynamic Schema

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > 動的スキーマコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > 動的スキーマコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > 動的スキーマコンポーネント

手順

  1. tFixedFlowInputコンポーネントをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、プロパティを定義します。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを開きます。
  3. [+]ボタンをクリックし、ColumnNameColumnTypeColumnLengthという3つのカラムを追加して、型をそれぞれ[String] (文字列)[String] (文字列)[Integer] (整数)に設定し、固定長ファイルスキーマに必要な最小プロパティを定義します。[OK]をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。
  4. [Use Inline Table] (インラインテーブルを使う)オプションを選択し、[+]ボタンを3回クリックして3つの行を追加し、ColumnNameフィールドに名前を入力します(命名は読み込む入力ファイルの実際のカラムに従います: IDNameCity)。対応するColumnTypeフィールドで型を設定します: カラムIDにはid_Interger、カラムNameCityにはid_String。対応するColumnLengthフィールドでカラムの長さの値を設定します。この表で指定したカラム名が出力ファイルのヘッダーを構成します。
  5. tSetDynamicSchemaコンポーネントをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. [Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、スキーマ構造が前のコンポーネントから正しく取得されていることを確認します。
  7. [Parameters] (パラメーター)テーブルの下で [+]ボタンをクリックし、テーブルに3行追加します。
  8. 各行の[Property] (プロパティ)フィールドをクリックし、それぞれColumnName[Type] (タイプ)、および[Length] (長さ)を選択します。
  9. 各行の[Value] (値)フィールドをクリックし、それぞれColumnNameColumnType、およびColumnLengthを選択します。
    これで、取得されたtFixedFlowInputコンポーネントのインラインテーブルに値が設定され、次のデータ構造がダイナミックスキーマで定義されます。
    [Column Name] (カラム名) Type (タイプ) Length (長さ)
    ID Integer 6
    Name (名前) 文字列 12
    City 文字列 12