コンポーネントをドロップしてリンク - 7.3

Dynamic Schema

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > 動的スキーマコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > 動的スキーマコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > 動的スキーマコンポーネント

手順

  1. [Palette] (パレット)からコンポーネントtFixedFlowInputtSetDynamicSchematFileInputPositionaltFileOutputPositionalをデザインワークスペースにドロップします。
  2. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使ってtFixedFlowInputコンポーネントをtSetDynamicSchemaに接続し、サブジョブを形成します。このサブジョブは、再利用可能なダイナミックスキーマを定義します。
  3. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使ってtFileInputPositionalコンポーネントをtFileOutputPositionalコンポーネントに接続し、別のサブジョブを形成します。このサブジョブは、入力固定長ファイルからデータを読み取り、前のサブジョブで設定されたダイナミックスキーマに基づいて別の固定長ファイルにデータを書き込みます。
  4. [Trigger] (トリガー) > [On Subjob Ok] (サブジョブがOKの場合)接続を使ってtFixedFlowInputコンポーネントをtFileInputPositionalコンポーネントに接続し、2つのサブジョブを相互にリンクします。