入力コンポーネントを設定 - 7.3

ELT Sybase

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Sybaseコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Sybaseコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Sybaseコンポーネント

手順

  1. 最初のtELTInputコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、スキーマダイアログボックスが表示されたら、3つのカラム(INT型のSIDTID、VARCHAR型のSNAME)を追加してスキーマを定義します。
  3. [Mapping] (マッピング)ドロップダウンリストでMapping Snowflakeを選択します。
  4. 前の手順を繰り返して2番目の tELTInput コンポーネントを構成し、3つの列(INTタイプの TID とVARCHARタイプの TNAME および TPHONE) を追加して、スキーマを定義します。