コンポーネント間の接続 - 7.3

ELT Vertica

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Verticaコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Verticaコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Verticaコンポーネント

手順

  1. 2つのtELTMysqlInputコンポーネントをtELTMysqlMapコンポーネントに接続します。それには、実際の入力テーブル名、このユースケースではemployeesdeptとまったく同じ名前が付けられた[Link] (リンク)接続を使用します。
  2. [Link] (リンク)接続を使って、tELTMysqlMapコンポーネントをtELTMysqlOutputコンポーネントに接続します。プロンプトが表示されたら、[Yes] (はい)をクリックして、出力テーブルストラクチャーを出力スキーマから取得します。
  3. tELTMysqlMapコンポーネントをクリックし、[Component] (コンポーネント)タブを選択して[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  4. [Property Type] (プロパティタイプ)リストから[Repository] (リポジトリー)を選択し、入力コンポーネントに使う同じDB接続名を選択します。
    すべてのDB接続の詳細が自動的に取得されます。
    注: その他のパラメーターはすべてそのままにしておきます。