入力および出力スキーマのマッピング - 7.3

ELT Vertica

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Verticaコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Verticaコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Verticaコンポーネント

手順

  1. ELTMapを右クリックし、コンテキストメニューから[Link] (リンク) > [*New Output* (Table)] (*新規出力*(テーブル))を選択します。
  2. TotalScoreOfPreferredSubjectをクリックします。ポップアップダイアログボックスで、[Yes] (はい)をクリックしてスキーマをターゲットコンポーネントから取得します。
  3. ELTMapをクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. プロパティタイプドロップダウンリストから[Repository] (リポジトリー)を選択します。以前に追加したOracleデータベースを指定し、データベース接続情報を自動的にプロパゲートします。
  5. [ELT Oracle Map Editor] (ELT Oracleマップエディター)の横にある[...]ボタンをクリックし、マップエディターを開きます。
  6. マップエディターの左上にある[+]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスのドロップダウンリストから関連するテーブル名を選択して、入力テーブルPreferredSubjectを追加します。
    同じ手順を繰り返して、別の入力テーブルTotalScoreを追加します。
  7. 入力テーブルPreferredSubjectStuNameカラムをドラッグして、入力テーブルTotalScoreの対応するカラムにドロップします。入力テーブルTotalScoreStuNameカラムの[Explicit join] (明示的結合)チェックボックスをオンにします。
    Subjectカラムについても同じ手順を繰り返します。
  8. 入力テーブルPreferredSubjectSeqIDカラムをドラッグして、出力テーブルの対応するカラムにドロップします。
    同じ手順を繰り返し、入力テーブルPreferredSubjectStuNameSubjectカラム、および入力テーブルTotalScoreScoreカラムをドラッグし、出力テーブルの対応するカラムにドロップします。
  9. マップエディターの下部にある[Generated SQL Select query for "table2" output] (「table2」出力に対して生成されたSQL Selectクエリー)タブをクリックして、対応する生成されたSQL文を表示します。
    SubqueryMapコンポーネントで生成されたSQLクエリーは、このコンポーネントによって生成されたSQLクエリーのサブクエリーとして表示されます。エイリアスは、サブクエリー内の選択されたカラムに対して自動的に追加されます。
  10. [OK]をクリックしてこれらの変更を検証し、マップエディターを閉じます。