tELTVerticaMap標準プロパティ - 7.3

ELT Vertica

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Verticaコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Verticaコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Verticaコンポーネント

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtELTVerticaMapを設定するために使います。

Standard tELTVerticaMapコンポーネントはELTファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[DB Version] (DBバージョン)

使われているVerticaデータベースのバージョンを選択します。

[Use an existing connection] (既存の接続を使用)

定義済みの接続の詳細を再利用するには、このチェックボックスをオンにして、[Component List] (コンポーネントリスト)で該当する接続コンポーネントをクリックします。

注: ジョブに親ジョブと子ジョブが含まれている時は、2つのレベルの間の既存の接続を共有する必要がな場合(たとえば、親ジョブで作成した接続を子ジョブと共有するなど)には、以下を実行する必要があります。
  1. 親レベルで、共有するデータベース接続を、そのデータベース接続そのものを作成する接続コンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューに登録します。

  2. 子レベルで、登録済みのそのデータベース接続を読み取るために専用の接続コンポーネントを使用します。

ジョブレベルをまたがってデータベース接続を共有する方法の例は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

[ELT Vertica Map Editor] (ELT Verticaマップエディター)

ELTマップエディターでは、出力スキーマを定義し、実行するSQLステートメントをグラフィカルに構築できます。スキーマのカラム名は、データベースのカラム名とは異なる場合があります。

Talendが提供するR2021-06以降のStudio月次アップデートをインストールした場合は、マップエディターの入力テーブルと出力テーブルの右上隅に[Enable/disable column name filter] (カラム名フィルターを有効化/無効化)ボタンが表示されます。対応するテーブルでこのボタンをクリックし、表示されたフィールドに検索キーワードを入力すれば、入力テーブルや出力テーブルのスキーマカラムをフィルタリングできます。

スタイルリンク:

リンクの表示方法を選択します。

  • Auto (自動): 入力スキーマと出力スキーマおよびWebサービスパラメーター間のリンクはデフォルトで曲線の形になります。

  • [Bezier curve] (ベジエ曲線): スキーマとWebサービスパラメーター間のリンクは曲線の形になります。

  • [Line (fastest)] (直線(最速)): スキーマとWebサービスパラメーター間のリンクは直線の形になります。

    このオプションによってパフォーマンスがわずかに最適化されます。

[Property Type] (プロパティタイプ)

[Built-In] (組み込み)または[Repository] (リポジトリー)のいずれか。

 

[Built-In] (組み込み): プロパティデータは一元的に保存されません。

 

[Repository] (リポジトリー): プロパティが保管されるリポジトリーファイルを選択します。続くデータベース接続フィールドは、取得されたデータを使用して自動的に入力されます。

Host (ホスト)

データベースのIPアドレスまたはホスト名のタイプ。

[Port] (ポート)

データベースのリスニングポート番号のタイプ。

[Database] (データベース)

使用するデータベースの名前を入力します。

[Additional JDBC Parameters] (追加のJDBCパラメーター)

作成するデータベース接続に追加の接続プロパティを指定します。

Username (ユーザー名)Password (パスワード)

データベースユーザー認証データを入力します。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

tELTVerticaMapは、tELTVerticaInputおよびtELTVerticaOutputと共に使います。これらのコンポーネントと共に使用する出力リンクは、テーブル名の構文と正確に対応している必要があります。

注:

ELTコンポーネントは実際のデータフローを処理せず、スキーマ情報しか処理しません。