新しく作成されたEXASolutionデータベーステーブルにソースデータをロードする - 7.3

EXASolution

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > EXASolution
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > EXASolution
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > EXASolution

手順

  1. tExasolBulkExecコンポーネントをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Host] (ホスト)[Port] (ポート)[Schema] (スキーマ)[User] (ユーザー)[Password] (パスワード)の各フィールドに、EXASolutionデータベース接続の詳細を入力します。
  3. [Table] (テーブル)フィールドに、ソースデータが書き込まれるテーブルの名前を入力します。この例では、ターゲットデータベースは"employee"と命名されており、存在しません。
  4. [Action on table] (テーブルのアクション)リストから[Create table] (テーブルの作成)を選択して、指定されたテーブルを作成します。
  5. [Source] (ソース)エリアで、入力データのソースとして[Local file] (ローカルファイル)を選択し、ソースデータを含むファイルを指定します。この例では"E:/employee.csv"です。
  6. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックして[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを開き、スキーマを定義します。スキーマは、tFixedFlowInputコンポーネントのスキーマと同じでなければなりません。
    [OK]をクリックして変更を確定し、ダイアログボックスを閉じます。
  7. [Advanced settings] (詳細設定)をクリックし、tExasolBulkExecコンポーネントの[Advanced settings] (詳細設定)ビューを開きます。
  8. [Column Formats] (カラム形式)テーブルで、EmployeeIDおよびMonthSalaryという2つの数値フィールドに対し、[Has Thousand Delimiters] (千桁区切り記号をもつ)カラム内で対応するチェックボックスをオンにし、[Alternative Format] (代替形式)カラムの対応するフィールドで形式モデル文字列を定義します。この例では、EmployeeIDには"99G999"MonthSalaryには"99G999D99"となります。
  9. [Thousands Separator] (千桁区切り記号) フィールドと[Decimal Separator] (小数点区切り)フィールドの値がtFileOutputDelimited コンポーネントの値と同じであることを確認し、他のオプションはデフォルト設定のままにします。