tJavaRowコンポーネントの設定 - 7.3

Excel

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > Excel
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > Excel
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > Excel

手順

  1. tJavaRowをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、スキーマが前のコンポーネントから正しく取得されていることを確認します。
  3. [Code] (コード)フィールドに次のコードを入力して、特定のExcelセルから抽出されたデータを表示します。
    int seq=Numeric.sequence("s1",2,1);
                  if (seq == 4) {
                      context.a4 = input_row.lastname;
                      }
                      if (seq == 1) {
                      context.b1 = input_row.firstname;
                      }
                      if (seq == 9) {
                      context.c9 = input_row.city;
                      }
                      if (seq == 6) {
                      context.d6 = input_row.zip;
                      }
    注: [Code] (コード)フィールドのinput_rowは、tJavaRowとの間の往復のリンクに相当します。
  4. tLogRowをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、[Table (print values in cells of a table)] (テーブル(テーブルのセルの出力値))オプションを選択します。これで表示が改善します。