tFixedFlowInputコンポーネントの設定 - 7.3

Excel

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > Excel
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > Excel
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > Excel

手順

  1. tFixedFlowInputをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビュー表示します。
  2. [Edit Schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。
  3. [+]ボタンをクリックして、a4b1c9d6という4つのカラムを追加します。
  4. [Ok]をクリックしてスキーマエディターを閉じ、システムによってプロンプトが表示された際に変更の伝播を受け入れます。
  5. [Mode] (モード)エリアで[Use Single Table] (シングルテーブルを使う)オプションを選択します。
    4つの定義済みカラムはtFixedFlowInput[Basic settings] (基本設定)ビューの[Values] (値)パネルに表示されます。
  6. 各カラムの[Value] (値)セルで、[Ctrl]+[Space]を押してグローバル変数リストにアクセスします。
  7. グローバル変数リストから、a4カラムにcontext.a4など、各カラムに作成したコンテキスト変数を選択します。