コンポーネントをドロップしリンクさせる - 7.3

Filter (メディエーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > フィルターコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > フィルターコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > フィルターコンポーネント(メディエーション)

このタスクについて

このユースケースでは、1つのcFileコンポーネント、1つのcIdempotentComsumerコンポーネント、2つのcProcessorコンポーネントが必要です。

手順

  1. [Palette] (パレット)から[Connectivity] (接続性)フォルダーを展開し、cFileコンポーネントを選択して、メッセージソースコンポーネントとしてデザインワークスペースにドロップします。
  2. [Routing] (ルーティング)フォルダーを展開し、cIdempotentComsumerコンポーネントを選択して、メッセージ重複除去機能としてデザインワークスペースにドロップします。
  3. [Custom] (カスタム)フォルダーを展開し、2つのcProcessorコンポーネントをデザインワークスペースにドロップします。1つは重複除去されたメッセージのコンシューマーとして、もう1つはすべてのメッセージのコンシューマーとしてです。
  4. cFileコンポーネントを右クリックし、コンテキストメニューから[Row] (行) > [Route] (ルート)を選択し、cIdempotentComsumerコンポーネントをクリックします。
  5. cIdempotentComsumerコンポーネントを右クリックし、コンテキストメニューから[Row] (行) > idempを選択し、上部のcProcessorコンポーネントをクリックします。
  6. [Row] (行) > [Route] (ルート)接続を使い、cIdempotentComsumerコンポーネントをcProcessorコンポーネントに接続します。このオプションの接続は、ソースからのすべてのメッセージを取得します。
  7. ルートでロールがわかりやすいように、コンポーネントに名前を付けます。