cIdempotentConsumer標準プロパティ - 7.3

Filter (メディエーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > フィルターコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > フィルターコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > フィルターコンポーネント(メディエーション)

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているcIdempotentConsumerを設定するために使います。

Standard cIdempotentConsumerコンポーネントはRoutingファミリーのコンポーネントです。

基本設定

[Repository Type] (リポジトリータイプ)

メッセージ識別子はリポジトリーに保管する必要があります。新しい受信メッセージの場合、識別子はリポジトリーに保存されているものと照合され、重複を識別して削除されます。それらを保管する方法は2つあります。

[Memory] (メモリ): メッセージ識別子は一時的に保管されます。

警告:

インメモリストレージモードはメモリ不足になりやすく、クラスター環境では機能しません。

[File] (ファイル): メッセージ識別子はファイルに保管されます。このファイルへのパスを [File store] (ファイル保存先)フィールドに指定します。

[File store] (ファイル保存先)

メッセージ識別子を保管するファイルのパスと名前を指定します。

[Cache Size] (キャッシュサイズ)

キャッシュのサイズ、つまり保管するメッセージ識別子の数を入力します。

[Use language] (言語の使用)

[Predicate] (述語)フィールドで使う言語を指定してメッセージの識別子を指定する場合は、このチェックボックスをオンにします。[Language] (言語)リストで、以下から選択します: [None] (なし)Bean[Constant] (定数)CorrelationIDELGroovy[Header] (ヘッダー)JavaScriptJoSQLJSonPathJXPathMVELOGNLPHP[Property] (プロパティ)PythonRubySimpleSpELSQLXPathXQuery

言語を使って式を作成する方法の詳細は、http://camel.apache.org/languages.htmlを参照してください。

述語

メッセージの識別子を指定するために使う式を入力します。

[Add Namespaces] (ネームスペースを追加)

このオプションは、[Language] (言語)リストでXPathが選択されている場合に表示されます。

Xpath式のネームスペースを追加するには、このチェックボックスをオンにします。[+]をクリックして必要な数のネームスペースをテーブルに追加し、対応するカラムにプレフィックスとURIを定義します。

[Eager] (処理中検出)

このチェックボックスをオンにすると、メッセージが現在進行中であっても重複メッセージが検出されます。オフにすると、メッセージが正しく処理された場合にのみ重複が検出されます。

デフォルトでは、このチェックボックスはオンです。

[SkipDuplicate] (重複スキップ)

重複を削除するには、このチェックボックスをオンにします。重複を無視してすべてのメッセージが継続されるようにするには、このオプションをクリアします。

デフォルトでは、このチェックボックスはオンです。

使用方法

使用ルール

cIdempotentConsumerは、ルート内の中間コンポーネントとして使います。

[Connections] (接続) idemp: idempリンクは、cIdempotentConsumerコンポーネントによって重複除去されたメッセージを取得します。
  [Route] (ルート): オプションのリンクとして、[Route] (ルート)リンクはメッセージ送信元からすべてのメッセージを取得します。

制限事項

 該当せず