コンポーネントをドロップしリンクさせる - 7.3

Filter (メディエーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > フィルターコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > フィルターコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > フィルターコンポーネント(メディエーション)

手順

  1. [Palette] (パレット)[Connectivity] (接続性)フォルダーから3つのcFileコンポーネントと4つのcMessagingEndpointコンポーネントをデザインワークスペースにドロップし、ロールをわかりやすくするために、それぞれにSenderReceiver_ParisReceiver_Others、およびdirectParisdirectOthersdirectParisRoutedirectOthersRouteという名前を付けます。
  2. [Routing] (ルーティング)フォルダーからcMessageRouterコンポーネントをデザインワークスペースにドロップし、Message_routerという名前を付けます。
  3. [Miscellaneous] (その他)フォルダーから、2つのcLogコンポーネントをデザインワークスペースにドロップし、それぞれにMonitor_ParisおよびMonitor_Othersという名前を付けます。
  4. Senderという名前のcFileコンポーネントを右クリックし、コンテキストメニューから[Row] (行) > [Route] (ルート)を選択し、cMessageRouterコンポーネントをクリックします。
  5. cMessageRouterコンポーネントを右クリックし、コンテキストメニューから[Trigger] (トリガー) > [When] (この場合)を選択し、directParisという名前のcMessagingEndpointコンポーネントをクリックします。このエンドポイントは、定義された条件を満たすメッセージを取得します。
  6. cMessageRouterコンポーネントを右クリックし、コンテキストメニューから[Trigger] (トリガー) > Otherwiseを選択し、directOthersという名前のcMessagingEndpointコンポーネントをクリックします。このエンドポイントは、フィルター条件を満たさないすべてのメッセージを収集します。
  7. directParisという名前のcMessagingEndpointコンポーネントを右クリックし、コンテキストメニューから[Row] (行) > [Route] (ルート)を選択し、Receiver_Parisという名前のcFileコンポーネントをクリックします。この操作を繰り返して、[Row] (行) > [Route] (ルート)接続を使い、Receiver_Parisという名前のコンポーネントをMonitor_Parisに、directOthersRouteReceiver_Othersに、Receiver_OthersMonitor_Othersにそれぞれリンクします。