条件に従ってメッセージをルーティング - 7.3

Filter (メディエーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > フィルターコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > フィルターコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > フィルターコンポーネント(メディエーション)

このシナリオは、Talend Open Studio for ESBTalend ESBTalend Data Services PlatformTalend MDM PlatformTalend Real Time Big Data PlatformTalend Data Fabricのみに適用されます。

Talendがサポートしているテクノロジーの詳細は、Talend Mediationコンポーネントを参照してください。

このユースケースでは、定義された条件に従って、送信エンドポイントから送信されるXMLメッセージをルーティングします:cityノードの値がParisであるXMLファイルはParis_onlyという名前のフォルダーに送信され、その他のメッセージはOther_citiesという名前のフォルダーに送信されます。

このシナリオで使われている4つのXMLファイルのうち、Message_1.xmlMessage_4.xmlには都市名Parisが含まれています。以下に例を示します。

<person>
  <firstName>Pierre</firstName>
  <lastName>Dupont</lastName>
  <city>Paris</city>
</person>