コードを表示してルートを実行する - 7.3

Filter (メディエーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > フィルターコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > フィルターコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > フィルターコンポーネント(メディエーション)

手順

  1. デザインワークスペースの下部の[Code] (コード)タブをクリックし、生成されたコードを確認します。
    コードに示すように、メッセージは.choice()コードで初期化された条件に従ってルーティングされます。定義したフィルターは.when()コードで初期化され、フィルタリングされていないメッセージは.otherwise()コードを通じてルーティングされます。
  2. [Run] (実行)ビューで[Run] (実行)ボタンをクリックするか、[F6]を押してルートを実行します。
    結果: "Paris"を含むファイルはParis_onlyという名前のフォルダーに送られ、その他のメッセージはOther_citiesという名前のフォルダーに送られます。