cMessageRouter標準プロパティ - 7.3

Filter (メディエーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > フィルターコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > フィルターコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > フィルターコンポーネント(メディエーション)

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているcMessageRouterを設定するために使います。

Standard cMessageRouterコンポーネントはRoutingファミリーのコンポーネントです。

使用方法

使用ルール

cMessageRouterは、ルートの中間コンポーネントとして使います。入力チャネルは1つだけですが、複数の出力チャネルが使えます。メッセージは、[When] (この場合)[Otherwise] (それ以外)、または[Route] (ルート)タイプの接続を介して出力できます。

[Connection] (接続) [Row] (行) / [Route] (ルート): このリンクを選択して、すべてのメッセージを次のコンポーネントに渡します。

[Trigger / When] (トリガー/この場合): [When] (この場合)リンクを選択して、[Component] (コンポーネント)ビューをクリックします。

[Type] (タイプ)リストで、条件を宣言するために使う言語のタイプを以下から選択します: [none] (なし)bean[constant] (定数)[correlation] (コリレーション)elgroovy[header] (ヘッダー)javaScriptsqljsonpathjxpathmvelognlphp[property] (プロパティ)pythonrubysimpleSpelsqlxpathxquery

[Append endChoice()] (endChoice()を付加): [When] (この場合)リンクの後にcMessageFilterまたはcLoadBalancerなどが続く場合は、コンパイルエラーが発生します。これは、そのようなコンポーネントがそこにあると、フロータイプがchoice()からloadbalance()に変化するためです。loadbalance()には[When] (この場合)リンクまたは[Otherwise] (それ以外)リンクは続きません。フロータイプをloadbalance()からchoice()に戻すには、このチェックボックスをオンにします。

[Condition] (条件)フィールドに、メッセージのフィルタリングに使う条件を入力します。

この条件に一致しないすべてのメッセージは、[Otherwise] (それ以外)リンクで取得して別のチャネルへ送られるか、[Otherwise] (それ以外)リンクが存在しない場合はドロップされます。

注:

ルートには複数の[When] (この場合)リンクが存在する可能性があります。

 

[Trigger / Otherwise] (トリガー/それ以外): このリンクは、[When] (この場合)条件に一致しないメッセージを自動的に取得します。

注:

ルートには[Otherwise] (それ以外)リンクを1つだけ含めることができます。

制限事項

[When] (この場合)または[Otherwise] (それ以外)リンクの後にはメッセージ処理を配置しないことをお勧めします。必ずMock/Directエンドポイントを使用してそれらを置き換え、新しいルートでメッセージを処理するようにします。