コンポーネントと接続を設定する - 7.3

Flatpack (メディエーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > Flatpackコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > Flatpackコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > Flatpackコンポーネント(メディエーション)

手順

  1. デザインワークスペースでDelimited_fileをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Path] (パス)フィールドで、Flatpackファイルがあるファイルパスを参照または入力します。
    [FileName] (ファイル名)フィールドに、処理するファイルの名前を入力します。
  3. Flat_file_parserをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [...]をクリックして、[Select a Node:] (ノードの選択:)ウィザードでFlatPack_configを選択し、入力ファイルの構造を設定します。
  5. FlatPack_configをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. PZMAP FileTypeリストで[Filename] (ファイル名)を選択し、ローカルファイルシステムのPZMAP XMLファイルを使って入力ファイルの構造を設定します。次に、[PZMAP Filename] (PZMAPファイル名)フィールドで、PZMAP XMLファイルがあるパスを参照します。
    PZMAPファイルの予想よりも短い行を許可するには、[Allow Short Lines] (短い行を許可)チェックボックスをオンにします。
    その他のオプションはデフォルト設定のままにしておきます。
  7. ReadOrderをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  8. [New Instance] (新規インスタンス)オプションを選択して、リポジトリーの[Code] (コード)ノードに保管されているJava Beanを呼び出します。
    [Bean class] (Beanクラス)フィールドに、作成されたばかりのBeanクラスの名前、beans.ReadOrder.classを入力します。
  9. メッセージ交換をログするcLogコンポーネントはデフォルト設定のままにしておきます。
  10. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存します。