cFlatPackコンポーネントを使って区切り記号付きファイルを解析 - 7.3

Flatpack (メディエーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > Flatpackコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > Flatpackコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > Flatpackコンポーネント(メディエーション)

このシナリオは、Talend Open Studio for ESBTalend ESBTalend Data Services PlatformTalend MDM PlatformTalend Real Time Big Data PlatformTalend Data Fabricのみに適用されます。

Talendがサポートしているテクノロジーの詳細は、Talend Mediationコンポーネントを参照してください。

このシナリオでは、cFileコンポーネントが区切り記号付きファイルをローカルファイルシステムから読み込みます。このファイルには下に示すように、ID、氏名、注文IDを含む顧客情報が含まれています。

1,"Harry",Carter,21
2,Padre,Boulevard,22
3,Andrew,Polk,23
4,Herbert,Reagan,"24"
5,Chester,Eisenhower,25

ファイルは、事前定義されたPZMAP XMLファイルを使って、cFlatPackコンポーネントによって解析されます。

<?xml version="1.0"?>
<!-- DTD can be pulled from the Jar or over the web-->
<!DOCTYPE PZMAP SYSTEM	"flatpack.dtd" >
<!--<!DOCTYPE PZMAP SYSTEM	"http://flatpack.sourceforge.net/flatpack.dtd" >-->
<PZMAP>
	<COLUMN name="id" length="5" />
	<COLUMN name="name" length="20" />
	<COLUMN name="surname" length="20" />
	<COLUMN name="orderid" length="5" />
</PZMAP> 

顧客情報は次に、cBeanコンポーネントによって実行コンソールに出力されます。

PZMAPファイル設定については、http://flatpack.sourceforge.net/documentation/index.htmlを参照してください。