コードを表示してルートを実行する - 7.3

Flatpack (メディエーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > Flatpackコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > Flatpackコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > Flatpackコンポーネント(メディエーション)

手順

  1. デザインワークスペースの下部の[Code] (コード)タブをクリックし、生成されたコードを確認します。
    コードに示すように、1つのルートが"Delimited_file_cFile_1"から"cFlatPack_1"にビルドされます。もう1つはcFlatPack_2からビルドされ、"cBean_1""cLog_1"によって順次処理されます。
  2. [Run] (実行)ビューをクリックして開き、[Run] (実行)ボタンをクリックしてルートの実行を開始します。[F6]を押して実行することもできます。
    結果: 区切り記号付きファイルが解析されます。顧客情報のID、名、姓が、対応するカラム名と共に実行コンソールに表示されます。