FTPルートディレクトリーのすべてのファイル/フォルダーをリスト表示する - 7.3

FTP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > FTP
データガバナンス > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > FTP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > FTP

tFTPFileListコンポーネント、tIterateToFlowコンポーネント、tLogRowコンポーネントを設定して、FTPルートディレクトリー上のすべてのファイルとフォルダーを反復処理し、これらのファイルとフォルダーの名前とパスを Talend Studio のコンソールに表示します。

手順

  1. tFTPFileListコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. FTPサーバーへのアクセスに必要な接続の詳細を指定します。この例では、[Use an existing connection] (既存の接続を使う)チェックボックスをオンにして、表示された[Component list] (コンポーネントリスト)ドロップダウンリストから、定義済みの接続詳細を再利用する接続コンポーネントを選択します。
  3. [Remote directory] (リモートディレクトリー)フィールドで、ファイルとフォルダを反復処理するFTPサーバーディレクトリーを指定します。この例では/です。これは、FTPサーバーのルートディレクトリーを意味します。
  4. tIterateToFlowコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  5. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にあるボタンをクリックし、スキーマダイアログボックスを開きます。
  6. ボタンをクリックして、2つの文字列型のカラムfilenamefilepathを追加します。これらはそれぞれ、反復処理するファイルの名前とパスを保持します。完了したら、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  7. [Mapping] (マッピング)テーブルで、filenameカラムとfilepathカラムの値を設定します。この例では、filenameにはグローバル変数((String)globalMap.get("tFTPFileList_1_CURRENT_FILE"))filepathにはグローバル変数((String)globalMap.get("tFTPFileList_1_CURRENT_FILEPATH"))です。

    値を入力するには、[Ctrl] + [Space]を押してグローバル変数リストにアクセスし、リストからtFTPFileList_1_CURRENT_FILEtFTPFileList_1_CURRENT_FILEPATHを選択します。

  8. tLogRowコンポーネントをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、[Mode] (モード)エリアで[Table (print values in cells of a table)] (テーブル(テーブルのセルに値を表示))を選択します。これで結果の表示が改善します。