入力コンポーネントを設定 - 7.3

Fuzzy matching

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > マッチング > ファジーマッチコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > マッチング > ファジーマッチコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > マッチング > ファジーマッチコンポーネント

手順

メインおよび参照入力Excelファイルコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。

下のキャプチャーには、メイン入力ファイルのプロパティが表示されます。

下のキャプチャーには、参照入力ファイルのプロパティが表示されます。

両方のtFileInpitExcelコンポーネントのプロパティフィールドは自動的に入力されます。リポジトリーで入力スキーマをローカルに定義しない場合は、[Schema] (スキーマ)および[Property Type] (プロパティタイプ)フィールドで[Built-in] (組み込み)を選択した後、手動で詳細を入力します。