ジョブを設定 - 7.3

Fuzzy matching

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > マッチング > ファジーマッチコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > マッチング > ファジーマッチコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > マッチング > ファジーマッチコンポーネント

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、[Metadata] (メタデータ)を展開し、メイン入力スキーマを保存した[FileExcel]ノードをデザインワークスペースにドロップします。

    tFileInputExcelスキーマを含むコンポーネントがワークスペースに表示されます。

  2. 参照入力スキーマで同じ作業を行って、ワークスペースに参照tFileInputExcelを表示させます。
  3. tBlockedFuzzyJointLogRow (x3)を[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップします。
  4. [Main] (メイン)リンクを使用して、メインおよび参照入Excel力ファイルをtBlockedFuzzyJoinに接続します。参照入力ExcelファイルとtBlockedFuzzyJoinの間のリンクは、デザインワークスペース上では[Lookup] (ルックアップ)リンクとして表示されます。
  5. [Matches] (マッチング)[Possible Matches] (可能な一致)、および[Non Matches] (非一致)リンクを使用して、tBlockedFuzzyJoinを3つのtLogRowコンポーネントに接続します。