コンポーネントをリンク - 7.3

Global Variable

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > グローバル変数コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > グローバル変数コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > グローバル変数コンポーネント

手順

  1. Studioの Integration パースペクティブで、[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Job Designs] (ジョブデザイン)ノードから空のMap/Reduceジョブを1つ作成します。
    Map/Reduceジョブの作成方法の詳細は、『 Talend Open Studio for Big Data入門ガイド 』を参照してください。
  2. ワークスペース内に使用するコンポーネントの名前を入力し、表示されるリストからこのコンポーネントを選択します。このシナリオでは、コンポーネントは、tAggregateRowtGlobalVarLoadtMaptLogRowおよび2つのtHDFSInput(このシナリオではcustomerというラベルが付けられています)のコンポーネントです。
  3. Row > Mainリンクを使用してtHDFSInputコンポーネントの1つをtAggregateRowに接続し、同様にtAggregateRowtGlobalVarLoadにリンクします。
    このサブジョブを使用して平均給与を計算し、この平均を再利用可能な変数に設定します。
  4. Trigger > On Subjob Okリンクを使用して、同じtHDFSInputコンポーネントを別のtHDFSInputコンポーネントに接続します。
  5. この2番目のtHDFSInputコンポーネントをRow > Mainリンクを使用してtMapに接続し、同じ操作を行ってtMaptLogRowに接続し、ポップアップダイアログボックスでこのリンクに使用する名前を指定します。
    このサブジョブは、平均を上回る給与を選択するために使用されます。