サンプルデータをジョブに読み込む - 7.3

Global Variable

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > グローバル変数コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > グローバル変数コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > グローバル変数コンポーネント

手順

  1. 2つのtHDFSInputコンポーネントのいずれかをダブルクリックすると、[Basic settings] (基本設定)ビューが表示されます。
    これらの2つのtHDFSInputコンポーネントは同じソースデータを読み取るために使用され、同様の方法で構成されます。このセクションで説明する手順を使用して、両方を設定する必要があります。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)の横の[...]ボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。
  3. [+]ボタンを3回クリックして3つの行を追加し、[Column] (カラム)カラムでそれぞれID名前給与に変更します。
  4. salary行のTypeカラムでDoubleを選択します。
  5. [OK]をクリックしてこれらの変更を確定し、ポップアップ表示されるダイアログボックスで求められるプロパゲーションを承認します。
  6. [Folder/File] (フォルダー/ファイル)フィールドで、HDFSシステムで処理されるサンプルデータを参照します。
  7. [File type] (ファイルタイプ)エリアで、[Type] (タイプ)リストからText File (テキストファイル)を選択します。
  8. [Field separator] (フィールド区切り記号)フィールドに\tを入力します。