Map/Reduce Jobを使用して平均以上の給与記録を選択する - 7.3

Global Variable

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > グローバル変数コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > グローバル変数コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > グローバル変数コンポーネント

このシナリオは、サブスクリプションベースのビッグデータ関連Talend製品にのみ適用されます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

このシナリオでは、6つのコンポーネントのジョブが作成され、一連のサンプルデータの平均給与を計算し、平均以上の給与を選択します。

使用されるサンプルデータは、HDFSシステムに既に保存されており、以下のように使用され、読み取られます。
1	Lyndon	1200	
2	Ronald	3500	
3	Ulysses	5000	
4	Harry	2000	
5	Garfield	1800	
6	James	3300	
7	Chester	4200	
8	Dwight	2200	
9	Jimmy	2800	
10	Herbert	3500

フィールド間のセパレータは/tであり、サンプルデータの3つのカラムはID[name] (名前)[salary] (給与)であることがわかります。

tHDFSOutputコンポーネントを使用して、使用するHDFSシステムにサンプルデータを書き込むことができます。詳細は、tHDFSOutputを参照してください。