1つのバケットでのファイルの削除 - 7.3

GS

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > GS
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > GS
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > GS

手順

  1. tGSDeleteコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブに[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Use an existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスをオンにし、あらかじめ設定しておいた接続を選択します。
  3. [Delete object from bucket list] (バケットリストからオブジェクトを削除する)チェックボックスをオンにします。削除するファイル情報を[Bucket] (バケット)テーブルに入力します。
    この例の場合、ファイルがバケットbighouseからコピーされたバケットbed_roomのファイルcomputer_03.csvが削除されます。