バケット間でファイルを移動してファイル名を変更する - 7.3

GS

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > GS
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > GS
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > GS

手順

  1. 2番目のtGSCopyコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブに[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Use an existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスをオンにし、あらかじめ設定しておいた接続を選択します。
  3. [Source bucket name] (ソースバケット名)フィールドに、ファイルの移動元バケットの名前、この例ではbighouseと入力します。
  4. [Source object key] (ソースオブジェクトのキー)フィールドに、移動するオブジェクトのキー、この例ではcomputer_01.txtと入力します。
  5. [Target bucket name] (ターゲットバケット名)フィールドに、ファイルの移動先バケットの名前、この例ではstudy_roomと入力します。
  6. [Action] (アクション)リストから[Move] (移動)を選択します。指定したソースファイルcomputer_01.txtがバケットbighouseからstudy_roomに移動します。
  7. [Rename] (名前変更)チェックボックスをオンにします。[New name] (新しい名前)フィールドに、移動したファイルの新しい名前を入力します。この例では、新しい名前はlaptop.txtです。
  8. その他の設定はそのままにしておきます。