テーブル設定の定義 - 7.3

Hive

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Hive
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Hive
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Hive

手順

  1. [Table name] (テーブル名)フィールドに、作成するHiveテーブルの名前を入力します。このシナリオでは、employeesです。
  2. [Action on table] (テーブルに実行するアクション)リストから[Create table if not exists] (テーブルがない場合は作成)を選択します。
  3. [Format] (形式)リストから、このHiveテーブルが作成されるデータの形式を選択します。このシナリオでは、TEXTFILEです。
  4. [Set partitions] (パーティションの設定)チェックボックスをオンにして、このシナリオの冒頭で説明したようにUSパーティションを追加します。このパーティションを定義するには、表示された[Edit schema] (スキーマを編集)の横のボタンをクリックします。
  5. [Set file location] (ファイルの場所を設定)チェックボックスはオフのままにして、Hiveテーブルのデフォルトのパスを使用します。
  6. [Set Delimited row format] (区切り記号付き行形式を設定)チェックボックスをオンにして、使用可能な行形式のオプションを表示します。
  7. [Field] (フィールド)チェックボックスをオンにして、表示されたフィールドにフィールド区切り記号としてセミコロン(;)を入力します。
  8. [Line] (行)チェックボックスをオンにして、デフォルト値を行区切り文字としてそのまま使用します。