tHiveOutput - 7.3

Hive

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Hive
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Hive
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Hive

特定のHiveデータベースに接続し、受け取ったデータを特定のHiveテーブルまたはHDFSのディレクトリーに書き込みます。

Hive側でACIDが有効になっている場合、Sparkジョブはテーブルを削除または更新できず、データが圧縮されない限り、このジョブはHiveテーブルから集計データを正しく読み取ることができません。これは、Sparkバグ追跡システムで説明されている既知の制限https://issues.apache.org/jira/browse/SPARK-15348です。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

使用しているTalend製品に応じて、このコンポーネントは次のジョブフレームワークの1つ、一部、またはすべてで使用できます。