tHiveRow - 7.3

Hive

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Hive
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Hive
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Hive

データ自体の処理は行わずに、クエリーとデータベースの性質に応じて、実際のDB構造またはデータに働きかけます。

tHiveRowは、指定したデータベースに記されている HiveQLクエリーを実行します。行サフィックスとは、コンポーネントが、出力は提供しないものの、ジョブデザイン内のフローを実装することを意味します。

SQLBuilderツールを使用すれば、HiveQLステートメントを書き込む作業が容易になります。

このコンポーネントは、[Store by HBase] (HBaseによるストア)チェックボックスが使用できる状態になり、このチェックボックスをオンにすれば、HBaseデータベース内でクエリーを実行することもできます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。