JSONファイルの読み取り - 7.3

HTTP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > HTTP
データガバナンス > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > HTTP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > HTTP

手順

  1. tFileInputJSONをダブルクリックして、その[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. [Read By] (読み取り)ドロップダウンリストから[JsonPath without loop] (ループのないJsonPath)を選択します。
  3. [Edit schema] (スキーマを編集)の横の[...]ボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。
  4. [+]ボタンをクリックして行を1つ追加し、たとえばdataという名前を付けます。
  5. [OK]をクリックしてこれらの変更を確定し、ポップアップ表示されるダイアログボックスで求められるプロパゲーションを承認します。
  6. [Filename] (ファイル名)フィールドで、送信されるパラメーターを格納するソースJSONファイルへのパスを参照するか入力します。
  7. コンポーネントスキーマの前のステップで定義したdataカラムが[Mapping] (マッピング)テーブルに自動的に追加されています。このテーブルの[JSONPath query] (JSONPathクエリー)カラムにJSONパスを二重引用符で囲んで入力して、送信されるパラメーターを抽出します。このシナリオでは、パスはecho[0].dataです。