tIngresBulkExec標準プロパティ - 7.3

Ingres

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Ingres
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Ingres
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Ingres

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtIngresBulkExecを設定するために使います。

Standard tIngresBulkExecコンポーネントはデータベースファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

注: このコンポーネントは、動的データベースコネクターの特定のバージョンです。データベース設定に関連するプロパティは、データベースタイプの選択に応じて異なります。動的データベースコネクターについては、../reuse/../standard/dynamic-database-components_c.htmlを参照してください。

基本設定

データベース

データベースのタイプをリストから選択し、[Apply] (適用)をクリックします。

[Property type] (プロパティタイプ)

[Built-in] (組み込み)または[Repository] (リポジトリー)のいずれかで次の設定を行います

 

[Built-in] (組み込み): プロパティデータは一元的に保管されません。

 

[Repository] (リポジトリー): プロパティが保管されるリポジトリーファイルを選択します。次のフィールドは、取得したデータを使用して自動的に完了されます。

[Table] (テーブル)

入力するテーブルの名前。

VNode

仮想ノードの名前。

[Database] (データベース)

データベースの名前。

テーブルの操作

定義されたテーブルで実行できるアクション:

[None] (なし): テーブルに対して操作は行われません。

[Truncate] (切り詰め): テーブル内のすべての行を削除し、ファイルスペースを解放してオペレーティングシステムに戻します。

ファイル名

ロードするファイルの名前。

警告:

このファイルは、データベースサーバーと同じマシンに置く必要があります。

Schema (スキーマ)およびEdit schema (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

 

[Built-in] (組み込み): そのコンポーネントのみのスキーマを作成して、ローカルに保存します。

 

[Repository] (リポジトリー): スキーマは作成済みで、リポジトリーに保管されています。さまざまなプロジェクトやジョブデザインで再利用できます。

再使用するスキーマに整数またはファンクションのデフォルト値が指定されている場合は、これらのデフォルト値を引用符で囲まないようにご注意ください。引用符で囲まれている場合は手動で削除します。

詳細は、Talend Studioユーザーガイドでテーブルスキーマに関連する説明を参照してください。

 

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを使用できます。

  • [View schema] (スキーマの表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続を更新): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

[Delete Working Files After Use] (使用後に作業ファイルを削除)

実行中に作成されたファイルを削除するには、このチェックボックスをオンにします。

詳細設定

[Field Separator] (フィールド区切り)

フィールドを区切る文字、文字列、または正規表現。

[Row Separator] (行区切り)

行を区切るための文字列(例: Unixでは"\n")。

[Null Indicator] (Nullインジケーター)

Nullインジケーターの値。

[Session User] (セッションユーザー)

定義されたセッション(データベースへの接続)のユーザー。

[Rollback] (ロールバック)

ロールバックを有効または無効にします。

[On Error] (エラーの場合)

エラー処理のポリシー:

[Continue] (続行): 実行を続行します。

[Terminate] (終了): 実行を終了します。

[Reject Row File] (Reject Rowファイル)

リジェクトされた行を保持するファイルのパスと名前。

[On Error] (エラーの場合)リストから[Continue] (続行)が選択されている場合に利用できます。

[Error Count] (エラー数)

実行の終了をトリガーするエラーの数。

[On Error] (エラーの場合)リストから[Terminate] (終了)が選択されている場合に利用できます。

[Allocation] (割り当て)

テーブルまたはインデックスに最初に割り当てられたページ数。

[Extend] (拡張)

テーブルまたはインデックスが増加するページ数。

Fill Factor

理想的な条件下で、行で埋める必要がある各プライマリーデータページのパーセンテージ(1から100)を指定します。たとえば、fillfactorを40に指定すると、DBMSサーバーは再構築されたテーブルの各プライマリーデータページの40%を行で埋めます。

[Min Pages] (最小ページ)/[Max Pages] (最大ページ)

ハッシュテーブルに必要な最小/最大プライマリーページ数を指定します。最小ページと最大ページは1以上に指定する必要があります。

[Leaf Fill] (リーフFill)

"bulk copy from"はリーフFill値を指定することができます。この句は、コピー中に行で埋める必要がある各B木のリーフページのパーセンテージ(1から100)を指定します。この句は、B木ストレージ構造を持つテーブルでのみ使用できます。

[Non Leaf Fill] (ノンリーフFill)

"bulk copy from"はノンリーフFill値を指定することができます。この句は、コピー中に行で埋める必要がある各B木のノンリーフインデックスページのパーセンテージ(1から100)を指定します。この句は、B木ストレージ構造を持つテーブルでのみ使用できます。

[Row Estimate] (行見積もり)

バルクコピー操作中にファイルからテーブルにコピーされる推定行数を指定します。

[Trailing WhiteSpace] (末尾のホワイトスペース)

デフォルトでオンになっているこのチェックボックスは、末尾のホワイトスペースを削除するように設計されており、VARCHAR、NVARCHAR、TEXTなどのデータ型にのみ適用されます。

[Encoding] (エンコーディング)

エンコーディングスキームのリスト。

Output (出力)

エラーメッセージを出力する場所:

[to console] (コンソールへ): コンソールへのメッセージ出力。

[to global variable] (グローバル変数へ): グローバル変数へのメッセージ出力。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計情報)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数) 

NB_LINE_DATA: 読み取られた行の数。これはAfter変数で、整数を返します。

NB_LINE_BAD: 拒否された行の数。これはAfter変数で、整数を返します。

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

tIngresBulkExecは、tIngresOutputBulkとともに展開され、特定のデータを一括でIngresデータベースにフィードし、パフォーマンスを向上させます。

制限事項

コンポーネントが正しく機能するためには、データベースサーバー/クライアントを、Studioがインストールされているのと同じマシン、またはtIngresBulkExecを使うジョブがデプロイされているのと同じマシンにインストールする必要があります。

ライセンスの互換性の問題のため、このコンポーネントの使用に必要な1つ以上のJARが提供されていません。この特定のコンポーネントに不足しているJARをインストールするには、Component (コンポーネント)タブビューの[Install] (インストール)ボタンをクリックします。Studioの Integration パースペクティブの[Modules] (モジュール)タブでも、不足しているすべてのJARを簡単に見つけて追加できます。詳細は、外部モジュールのインストールを参照してください。外部モジュールをインストールする方法の詳細は、Talend Help Center (https://help.talend.com)を参照してください。