コンポーネントを設定 - 7.3

Ingres

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Ingres
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Ingres
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Ingres

手順

  1. tIngresConnectionをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Server] (サーバー)フィールドに、Ingres DBMSが存在するサーバーのアドレスを入力します(例: "localhost")。
    [Port] (ポート)フィールドはデフォルト設定のままにします。
  3. [Database] (データベース)フィールドにIngresデータベースの名前を入力します(例: "research")。
  4. [Username] (ユーザー名)および[Password] (パスワード)フィールドに、認証情報を入力します。
    ここでは、パスワードにコンテキスト変数が使われます。コンテキスト変数の詳細は、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。
  5. tFileInputDelimitedをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. [File name/Stream] (ファイル名/ストリーム)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックして、ソースファイルを選択します。
  7. [Edit schema] (スキーマを編集)フィールドの横の[...]ボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。
  8. [+]ボタンをクリックして4つのカラム(例: nameagejobdept)を追加します。データ型はそれぞれ、stringIntegerstringstringとします。
    [OK]をクリックして、スキーマエディターを閉じます。
    変更を後続のコンポーネントにプロパゲートするかどうかを尋ねるポップアップウィンドウで、[Yes] (はい)をクリックします。
    その他のデフォルト設定はそのままにしておきます。
  9. tIngresOutputBulkExecをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  10. [Table] (テーブル)フィールドに、データを挿入するテーブルの名前を入力します。
  11. VNodeフィールドと[Database] (データベース)フィールドに、VNodeとデータベースの名前を入力します。
  12. [File Name] (ファイル名)フィールドに、ソースファイルのデータを保持するファイルの完全パスを入力します。