Nexusの設定 - 7.3

Linux 版 Talend Big Data Platform インストールガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Talend製品に組み込まれたTalend Artifact Repositoryを使用せず、サポートされているバージョンのNexusを使用する場合は、Nexusで必要なリポジトリーを作成し、設定する必要があります。

始める前に

Nexusが起動済みであること。

手順

  1. Nexus Repository Managerを開きます。
  2. 次のmaven2 (ホスト)リポジトリーを作成します。
    • releases
    • snapshots
    • talend-custom-libs-release
    • talend-custom-libs-snapshot
    • talend-updates
  3. 作成したリポジトリーを設定します。

    例え

    例:

  4. Nexusに以下のユーザーを作成します。
    • 管理者
    • ユーザーロールtalend-custom-libs-adminおよびtalend-custom-libs-deployを持つtalend-custom-libs-admin
    • ユーザーロールtalend-updates-libs-adminおよびtalend-updates-libs-deployを持つtalend-updates-libs-admin
    リポジトリーに関連付けられたユーザーには、少なくとも、作成、削除、更新の権限を付与する必要があります。
    注: Nexus 3をお使いの場合は、NexusのTalend Administration Centerユーザーに対して削除権限を有効化しておくことをお勧めします。有効化しない場合、Nexusにあり、アーティファクトのバージョンに関する情報が含まれているmaven-metadata.xmlファイルが更新できなくなり、Talend Administration Centerからアーティファクトを実行する時に不正なバージョンのアーティファクトが使用されてしまうことがあります。

次のタスク

Talend Administration Center[Configuration] (設定)ページに移動し、作成したリポジトリーに設定内容を追加します。

詳細は、Talend Administration CenterユーザーガイドでTalend Administration Centerでのソフトウェアアップデートリポジトリーの設定Talend Administration CenterでのTalend Artifact Repositoryの設定、およびユーザーライブラリーロケーションの設定を参照してください。