Talendログサーバーをインストール - 7.3

Linux 版 Talend Big Data Platform インストールガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
ログを収集するには、Kibana および Filebeatを含むTalend Log Serverを手動でインストールする必要があります。

始める前に

Elasticsearchコンテナーでは、vm.max_map_countパラメーターを少なくとも262144に設定する必要があります。お使いのマシン上で値を確認し、必要に応じて増やすことができます。
この値を確認するには、次のコマンドを実行します:
sysctl vm.max_map_count
値を増やす必要がある場合は、次のコマンドを実行します:
sysctl -w vm.max_map_count=262144
sysctl.confファイルに値を永続的に書き込むには、次のコマンドを実行します:
vm.max_map_count = 262144

手順

  1. Talend-LogServer-VA.B.C.zipアーカイブファイルをコピーして抽出し、任意のディレクトリーに展開します。
    注: ディレクトリー名にスペースや非ASCII文字を含めることはできません。
  2. Talend Log Serverを開始するには、start_logserver.sh実行可能ファイルを起動します。
    Elasticsearchをrootユーザーとして実行することはできません。ElasticsearchはTalend Log Serverの一部なので、実行可能ファイルをrootユーザーとして実行することはできません。
  3. LOG_PATHAPP_NAMEの値をFilebeat用に設定します:
    • Filebeatディレクトリーにあるfilebeat.ymlファイルを開き、LOG_PATHAPP_NAMEの値を次のように設定します:
        paths:
          - ${LOG_PATH:/home/Talend/7.2.1/tac/apache-tomcat/logs/*}
        fields:
          app_id: ${APP_NAME:TAC}
    • または、LOG_PATHおよびAPP_NAME環境変数を設定します:
      export  LOG_PATH="/home/Talend/7.2.1/tac/apache-tomcat/logs/*"
      export  APP_NAME="TAC"
  4. Filebeatを開始します:
    filebeat -e -c filebeat.yml

タスクの結果

http://localhost:5601/app/kibana#/dashboard/Default-DashboardのURLでTalend Log Serverにアクセスできます。

トラブルシューティング: Talend Log Serverを開始した時にlogstash-*, talendesb-*, およびtalendaudit-*のインデックスが表示されない場合は、次の手順を実行します:
  1. .kibanaインデックスを削除します。
    curl -XDELETE 'http://localhost:9200/.kibana'
  2. Talend Log Serverを停止します。
  3. Talend Log Serverを開始します。