Talend IdentityおよびAccess Managementをインストール - 7.3

Linux 版 Talend Big Data Platform インストールガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

手順

  1. iam-A.B.C-distribution.zipアーカイブファイルをコピーして抽出し、任意のディレクトリーに展開します。
  2. iam-A.B.C/apache-tomcat-x.x.xx/binにアクセスします。
  3. chmod 755 *.shを入力して、実行可能ファイルに実行権限を追加します。
  4. conf\key.propertiesファイルにご自分の暗号化キーを追加すれば、Talend IdentityおよびAccess Management設定ファイル内のプロパティを暗号化できます。
    このキーの追加方法の詳細は、IAM設定ファイルに保存されたプロパティを暗号化をご覧ください。
  5. Talend IdentityおよびAccess Managementを実行して、startup.shを開始します。

タスクの結果

Talend IdentityおよびAccess Managementがインストールされたので、セキュリティ上の理由から、デフォルトのApache Syncopeユーザーアカウントを使用してアプリケーションにアクセスしないことを強く推奨します。このアカウントのデフォルト認証(admin/password)はiam-A.B.C/apache-tomcat-x.x.xx/webapps/syncope/WEB-INF/classes/security.propertiesファイルのadminPasswordパラメーターを編集して変更できます。詳細は、Apache Syncopeののドキュメンテーションを参照してください。

次のURLからTalend IdentityおよびAccess Management Apache Syncope Consoleにアクセスできるようになりました: http://localhost:9080/syncope-console/

登録済みのOIDCクライアントのリストに次のURLからアクセスできるようになりました: http://localhost:9080/oidc/console/clients

注: ポート9080を使用してTalend Data Preparationにログインすることはできません。このポートはSyncope用です。Talend IdentityおよびAccess Management経由でTalend Data Preparationにログインするには、ポート9999を使用します。