TomcatのMDMサーバーで使用されるデフォルトポートの変更 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
対象製品...

Data Fabric

MDM Platform

MDMサーバーのインストール時に<TomcatPath>/confの下のserver.xmlでは、MDMサーバーのポートセットを1つ使用するように設定されます。以下に一例を示します:

<Server port="8105" shutdown="SHUTDOWN">
    ...
    <Service name="Catalina">
        <Connector port="8180" protocol="HTTP/1.1"
                   connectionTimeout="20000"
                   redirectPort="8543" />
        <Connector port="8109" protocol="AJP/1.3" redirectPort="8543" />
    ...
    </Service>
</Server>

必要に応じて使用するポートのセットはカスタマイズできます。以下のテーブルに示すように、異なるポートセットを提供する3つのセットの定義済みポートが用意されています:

ポートセット

ポート番号

デフォルト

mdm.port.http=8180

mdm.port.https=8543

mdm.port.ajp=8109

mdm.port.shutdown=8105

セット1

mdm.port.http=8080

mdm.port.https=8443

mdm.port.ajp=8009

mdm.port.shutdown=8005

セット2

mdm.port.http=8280

mdm.port.https=8643

mdm.port.ajp=8209

mdm.port.shutdown=8205

セット3

mdm.port.http=8380

mdm.port.https=8743

mdm.port.ajp=8309

mdm.port.shutdown=8305

MDMサーバーの設定についての詳細は、MDMサーバーを設定をご覧ください。