taskexecutionhistoryテーブルのロックをクリア - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

このタスクについて

データベースでtaskexecutionhistoryテーブルのロック問題が発生した場合は、次のステップで解決してください。

手順

  1. configuration.propertiesを開いて編集します。
  2. 接続プール用にlockTimeoutをURLで設定します。例:
     jdbc:sqlserver://localhost:1433/tac801;lockTimeout=1800
    クラスターモードの場合は、Talend Administration Centerのすべてのインスタンスでこの接続URLを変更します。
    また、READ_COMMITTED_SNAPSHOTオプションを有効化しておくこともお勧めします。
    ALTER DATABASE <database name>
     SET READ_COMMITTED_SNAPSHOT ON
     WITH ROLLBACK IMMEDIATE;
  3. 変更内容を保存してファイルを閉じます。