ハッシュコードをGitリポジトリーのフォルダー名として有効化 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
ハッシュコードをGitのリポジトリーフォルダー名として使えるようにすれば、一時フォルダーでの競合を避けることができます。この場合、設定ファイルをアップデートする必要があります。

手順

  1. Tomcatを停止します。
  2. 次のファイルを開いて編集します:
    <tomcat_path>WEB-INF\classes\configuration.properties
  3. 以下を追加します:
    git.conf.enableHashRepositoryUrl=true
    この設定では、別のプロトコル(HTTP、HTTPS、SSHなど)を使って同じリポジトリーにアクセスするとディスク領域の使用量が増えることがあります。
  4. Tomcatを再起動します。

タスクの結果

Talend Administration Centerで入力されたGitリポジトリーURLごとに個別のローカルフォルダーが作成されます。