サービスロケーターのスタンドアロンの設定ファイルのプロパティ - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
対象製品...

Data Fabric

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

サービスロケーターのスタンドアロンの設定をカスタマイズするよう、次のファイル: <TalendESBPath>/zookeeper/conf/zoo.cfgを編集し、必要に応じてパラメーターを変更します。

フィールド名

説明

tickTime

サービスロケーターで使用する基本時間単位(ミリ秒)。ハートビートで使用され、セッションの最少タイムアウトはtickTimeの2倍となります。

dataDir

メモリ内データベース スナップショットの保存場所を示します。特に指定がない場合は、データベースのアップデートに関するトランザクション ログもこの場所に保存されます。

clientPort

クライアント接続をリッスンするポートです。