SSH認証を使ってGitBlitを設定 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
この記事では、SSH認証を使ってTalend Administration CenterでGitblitを設定する方法を説明します。

これは次のアーキテクチャーでテストされています。

  • WindowsにインストールされているTalend Administration Center
  • LinuxボックスにインストールされているGit

前提条件: Talendインストールガイドの説明に従ってGitをインストールして設定済みであること。

  1. 次のコマンドを使って.ssh フォルダーにあるauthorized_keys ファイルにパブリックキーを追加します:

    cat id_rsa.pub >> authorized_keys
  2. 次のコマンドを使って権限を設定します:

    chmod 600 id_rsa.pub
  3. http://gitblit.comからGitblitをダウンロードします。
  4. Tomcatをインストールし、Gitblit warファイルをデプロイします。
  5. 次のコマンドを使ってgitサーバーをknown_hostsとして追加します:

    ssh -l <git_username> -p 29418 <git_server>.

    Talend Administration Centerをホストしているサーバーでも同じコマンドを実行し、known_hostsファイルを作成します。

  6. https://servernName:port/<war_file_name>というアドレスを使ってGitblitを開きます。
  7. デフォルトのユーザー名とパスワード(admin/admin)を使用してログインします:
  8. 左角の矢印をクリックしてマイプロファイルを選択し、ユーザー用のSSHキーを設定します。
  9. パブリックキーの内容をキーフィールドに貼り付け、保存します:
  10. 接続情報をTalend Administration Centerに追加します。 > [Settings] (設定) > [Configuration] (設定) > [Git]に移動し、[Git server url] (GitサーバーURL)フィールドにSSH URLを入力します。
    この設定では、[Username] (ユーザー名)フィールドと[Password] (パスワード)フィールドが空のままでも構いません。詳細は、Setting up Git parametersをご覧ください。