Talend Administration CenterのLDAPの設定 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
新しいKeystoreの場所を設定するには、JAVA_OPTS環境変数を編集します。

手順

JAVA_OPTS環境変数を編集するには、JAVA_OPTS環境変数に次の行を追加します。
-Djavax.net.ssl.keyStore=/<myDirectory>/<myKeystore>
-Djavax.net.ssl.keyStorePassword=<myPassword>
この例では、<myDirectory>はKeystoreのインストールディレクトリー、<myKeystore>はKeystoreの名前、<myPassword>は以前にKeystoreに定義したパスワードです。
LDAPクライアントのデバッグロギングを有効にする場合は、<ApplicationPath>/WEB-INF/classes/log4j.xmlファイルに次の行を追加します:
<logger name="org.apache.directory.api" additivity="true"> <level value="debug" /> </logger>
次にTalend Administration Centerを再起動し、[Configuration] (設定)ページの[Logs] (ログ)グループで、ログしきい値をTRACEに設定します。