Talend ESB Containerでの監視エンドポイントの設定 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
対象製品...

Data Fabric

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

手順

  1. [Service Activity Monitoring Server] (サービスアクティビティ監視サーバー)ページ(http://localhost:8080/sam-server-war/services/sam)で [services] (サービス)リンクをクリックします。
  2. サービスページで、エンドポイントアドレスをコピーします(例、http://localhost:8080/sam-server-war/services/MonitoringServiceSOAP)。
  3. Talend ESB Container設定ディレクトリー<TalendESBPath>/container/etcに移動し、正しい監視エンドポイントのSAMエージェントを設定します。
  4. org.talend.esb.sam.agent.cfgファイルを編集します。
  5. service.urlフィールドを新しいエンドポイントアドレスで置き換えます。