Apache ActiveMQを設定 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
対象製品...

Data Fabric

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

多くの設定オプションがあり、「activemq -h」と入力するとこれらをリスト表示できます。

設定ファイルまたはブローカーURIを使用して、ActiveMQブローカーを設定できます。ブローカーURI構文の詳細は、オンラインのApache ActiveMQドキュメントをご覧ください。

デフォルトでは、設定ファイルはactivemq/confにあります。

Apache ActiveMQの設定方法の詳細は、Talend ESB Infrastructure Services Configuration Guideをご覧ください。