Artifactoryを設定 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

Artifactoryリポジトリーがインストールされ、起動済みであることを確認します。詳細は、https://jfrog.com/artifactory/をご覧ください。

注: Artifactoryリポジトリーのポートを8045に変更することを推奨します。デフォルトポート8040が Talend Runtimeと競合しているためです。

Artifactoryのエンタープライズバージョンを使用している場合は、専用フォルダーのArtifact-Repository-Artifactoryアーカイブファイルを展開し、作成したリポジトリーとユーザーおよびTalend Administration Centerに設定した権限でartifactory-init-VA.B.C.D.E.jarを実行し、Artifactoryリポジトリーを初期化します。

Artifactoryのオープンソースバージョンを使用している場合は、Nexusリポジトリーの場合と同様にユーザーとリポジトリーを手動で作成する必要があります。詳細は、Nexusのサポートバージョンをインストールして設定をご覧ください。
注: アーティファクトリーとの接続がうまくいかない場合は、<tomcat_path>/webapps/org.talend.administrator/WEB-INF/classes/configuration.propertiesファイルにartifactory.addDefaultUrlContext=falseを追加します。