SSLを使ってMDMサーバーと通信するようクライアントを設定 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
対象製品...

Data Fabric

MDM Platform

MDMサーバーにSSLサポートが設定されている場合、すべてのJavaクライアントはTrustStoreを提供し、SSLを使用してMDMサーバーと通信するためにサーバーの証明書を検証する必要があります。

SSLを使用してMDMサーバーと通信するようにStudioを設定する方法は、Talend StudioユーザーガイドのSSL環境設定に関するセクションをご覧ください。

以下の例はスタンドアロンでインストールされているBonita BPMサーバーからMDMサーバーのSSLサポートを設定する方法を示しています。

手順

  1. <Bonita_Home>/server/binを参照します。ここでBonita_HomeはBonitaサーバーが手動でインストールされているディレクトリーを示しています。
    Bonitaサーバーを手動でインストールする方法の詳細は、Bonita BPMコミュニティサーバーを手動でインストール(非推奨)をご覧ください。
  2. 以下の行を追加して、setenv.shを編集します:
    -Djavax.net.ssl.trustStore=<full path to the keystore file> -Djavax.net.ssl.trustStorePassword=<password of the keystore file>
  3. 変更内容をファイルに保存します。