負荷分散に使うサーバーを決定するインジケーターを設定 - 7.3

Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
Operating system
Linux
Subscription type
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2022-10-30
クラスターモードの負荷分散に使用するサーバーを決定するために使用するデフォルトのシステム設定を編集して上書きできます。

手順

  1. 以下の.jarファイルに存在するmonitoring_client.propertiesを開きます:
    <ApplicationPath>/WEB-INF/lib/org.talend.monitoring.client-x.y.z.rabcd.jar
  2. 必要に応じてコンテキスト変数の値を編集します。
    例:
    # Set the default NbCPULimit.WEIGHT
    org.talend.monitoring.limits.NbCPULimit.WEIGHT=5
    
    # Set the default minimum required number of CPU here
    org.talend.monitoring.limits.NbCPULimit.LOWER_LIMIT=2
    
    # Set the default maximum required number of CPU here
    org.talend.monitoring.limits.NbCPULimit.HIGHER_LIMIT=2147483647
    注: このファイルで定義された重みの値(0〜5)は、データ処理に使用されるサーバーに影響します。
  3. 変更を保存します。
  4. 以下のディレクトリーの編集されたファイルをコピーして、.jarファイルの内容を上書きします:
    <ApplicationPath>/WEB-INF/lib/org.talend.monitoring.client-x.y.z.rabcd.jar