Talend JobServerのJVMを設定(オプション) - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Talend JobServerにより、デフォルトで使用されているJVMとは別のJVMを選択してジョブを起動できるようになります。

手順

  1. <root>/conf/に移動し(<root>Talend JobServerパス)、TalendJobServer.propertiesを開いて編集します。
  2. ジョブの起動パス専用の行で、等号の後にjava実行可能ファイルのパスを追加します。
    # Set the executable path of the binary which will run the job, for example: /usr/bin/java/java or "c:\\Program Files\\Java\\bin\\java.exe"
    org.talend.remote.jobserver.commons.config.JobServerConfiguration.JOB_LAUNCHER_PATH=/usr/bin/java/java

    画面で示しているように引用符はパスにスペースが含まれている場合にのみ使用する必要があります。それ以外の場合は、引用符なしでパスを入力します。

  3. 変更内容を保存してファイルを閉じます。

タスクの結果

次回Talend JobServerを起動すると、TalendJobServer.propertiesファイルで設定したjava実行可能ファイルが使用されます。