一括ロード操作用にMDMサーバーを設定 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
対象製品...

Data Fabric

MDM Platform

大量データをMDMに一括して読み込む場合、データベース接続を取得しようとするサーバー側のスレッドの数が増えすぎることによって、トランザクションおよびデッドロックの問題が発生することがあります。

手順

  1. <$INSTALLDIR>/conf/mdm.confを参照して開きます。
  2. 必要に応じて、以下の2種類のパラメーターを設定します:
    #To avoid connection pool and database overload, default value is 25
    bulkload.concurrent.database.requests=30
    
    #Control how many milliseconds to wait before retry, default value is 200
    bulkload.concurrent.wait.milliseconds=300
    この例では、同時データベースリクエストの最大数を30、リクエスト再試行待機時間を300ミリ秒に設定しています。
  3. 変更内容をファイルに保存します。