Nexusを手動で設定 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

ロール、ユーザー、リポジトリーを手動で作成できます。

手順

  1. まず、Nexusを実行します。
  2. Sonatype Nexus Repository Managerインターフェイスに移動します。
  3. [Users] (ユーザー)タブの下に、次のユーザーを作成します:
    • talend-updates-admin: このユーザーはTalend Administration Center[Configuration] (設定) > [Software Update] (ソフトウェアアップデート)グループで使われます。Talend Administration CenterはTalend Update Serverからパッチをダウンロードし、このアカウントを使用してNexusにパッチをアップロードします。Talend Studioにより認証情報なしでNexusからパッチをダウンロードできます。
    • talend-custom-libs-admin: このユーザーはTalend Administration Center[Configuration] (設定) > [User Libraries] (ユーザーライブラリー)グループで使われます。Talend StudioTalend Administration Centerから設定情報を取得し、サードパーティライブラリーをダウンロードおよびアップロードします。
    1. [Create local user] (ローカルユーザーを作成)をクリックします。
    2. talend-updates-adminをIDとして書き込んで、他の必要なフィールドに入力します。
    3. Rolesサブセクションに移動して、talend-updates-admin[Granted] (付与済み)リストに追加します。
    4. [Create local user] (ローカルユーザーを作成)をクリックします。
    5. talend-custom-libs-admin IDを使うユーザーを作成します。
    6. Rolesサブセクションに移動して、talend-custom-libs-admin[Granted] (付与済み)リストに追加します。
    7. adminユーザーを開きます。
    8. [Granted] (付与済み)リストにnx-adminロールを追加します。
    9. anonymousユーザーを開きます。
    10. nx-anonymousロール、talend-custom-libs-release-read-onlyロール、talend-custom-libs-snapshot-read-onlyロール、talend-updates-read-onlyロールを[Granted] (付与済み)リストに追加します。
      注: 匿名ユーザーは不安全で、Talend Administration CenterまたはTalend Studioで使われません。Nexusで、匿名ユーザーを無効化することをお勧めします。
  4. [Repositories] (リポジトリー)タブに移動して、次のリポジトリーを作成します。
    • talend-updates
    • talend-custom-libs-snapshot
    • talend-custom-libs-release
    1. [Create repository] (リポジトリーを作成)をクリックします。
    2. リストからmaven2 (hosted)を選択します。
    3. リポジトリーにtalend-updatesという名前を付けます。
    4. version policyサブセクションの下で、Releaseを選択します。
    5. [Create repository] (リポジトリーを作成)をクリックし、変更を保存します。
    6. talend-custom-libs-snapshotという名前の別のmaven2 (hosted)リポジトリーを作成します。
    7. version policyサブセクションの下で、snapshotを選択します。
    8. [Create repository] (リポジトリーを作成)をクリックし、変更を保存します。
    9. 最後のmaven2 (hosted)リポジトリーを作成して、talend-custom-libs-releaseと名付けます。
  5. version policyサブセクションの下で、Releaseを選択します。
  6. [Roles] (ロール)タブに移動し、[Create role] (ロールを作成) > [Nexus role] (Nexusロール)をクリックして、以下の権限が追加されている[Given] (付与済み)リストに次のロールを作成します。
    オプション 説明
    [Role ID] (ロールID) 権限
    talend-updates-admin

    nx-repository-view-maven2-talend-updates-add

    nx-repository-view-maven2-talend-updates-browse

    nx-repository-view-maven2-talend-updates-edit

    nx-repository-view-maven2-talend-updates-read

    nx-script-*-run

    talend-updates-read-only

    nx-repository-view-maven2-talend-updates-read

    nx-repository-view-maven2-talend-updates-browse

    nx-script-*-run

    talend-custom-libs-admin

    nx-repository-view-maven2-talend-custom-libs-release-add

    nx-repository-view-maven2-talend-custom-libs-release-browse

    nx-repository-view-maven2-talend-custom-libs-release-edit

    nx-repository-view-maven2-talend-custom-libs-release-read

    nx-repository-view-maven2-talend-custom-libs-snapshot-add

    nx-repository-view-maven2-talend-custom-libs-snapshot-browse

    nx-repository-view-maven2-talend-custom-libs-snapshot-edit

    nx-repository-view-maven2-talend-custom-libs-snapshot-read

    nx-script-*-run

    talend-custom-libs-snapshot-read-only

    nx-repository-view-maven2-talend-custom-libs-snapshot-browse

    nx-repository-view-maven2-talend-custom-libs-snapshot-read

    nx-script-*-run

    talend-custom-libs-release-read-only

    nx-repository-view-maven2-talend-custom-libs-release-browse

    nx-repository-view-maven2-talend-custom-libs-release-read

    nx-script-*-run

次のタスク

Talend Administration Center[Configuration] (設定)ページに移動し、作成したリポジトリーに設定内容を追加します。

詳細は、Talend Administration CenterユーザーガイドでTalend Administration Centerでソフトウェアアップデートリポジトリーを設定Talend Administration CenterでTalend Artifact Repositoryを設定、およびユーザーライブラリーロケーションの設定をご覧ください。