Talend Administration CenterのZIPフィルを使ってNexusを設定 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

Nexusのインストール後に、Talend Administration CenterのZIPファイルを使ってインスタンスを設定できます。

このタスクについて

手順

  1. Talend Administration CenterのZipファイルを解凍し、次にArtifact-Repository-Nexus-VA.B.C.D.E.zipファイルを解凍します。
  2. Artifact-Repository-Nexus-VA.B.C.D.E.zipファイル内にあるmigration-A.B.Cフォルダーに、.propertiesファイルに加えて移行スクリプトが含まれています。
  3. <NewNexusInstallationDirectory>\migration-A.B.Cフォルダーを任意の場所にコピーします。
  4. migration-A.B.C\nexus.propertiesファイルを開き、URL、ポート、ログイン接続情報をチェックします。また、バージョンの形式も確認します。必要に応じてこれらのパラメーターをアップデートし、変更を保存します。
  5. Nexusを起動します。
  6. Sonatype Nexus Repository Webアプリケーションにログインします。nexus.properties内に、アプリケーションURLが見つかります。初回の接続後は、デフォルト管理者アカウントのデフォルト認証情報を変更することを強く推奨します。
  7. migration-A.B.Cフォルダーを参照し、java -jar <nexus-migration-A.B.C.jar>というコマンドを実行します。この<nexus-migration-A.B.C.jar>migration-A.B.Cフォルダー内の.jarファイル名です。例: java -jar nexus-migration-8.0.1.jar
    注: なお、nexus-migration-A.B.C.jarファイルは<Tomcat>/webapps/org.talend.administrator/repository/nexusで見つかります。

タスクの結果

Nexus Webサイトを更新すると、以下のユーザーが[Users] (ユーザー)タブ内に表示されます。
  • talend-custom-libs-admin (パスワード: talend-custom-libs-admin): このユーザーはTalend Administration Center[Configuration] (設定) > [User Libraries] (ユーザーライブラリー)グループで使われます。Talend StudioTalend Administration Centerから設定情報を取得し、サードパーティライブラリーをアップロードおよびダウンロードします。
  • talend-updates-admin (パスワード: talend-updates-admin): このユーザーはTalend Administration Center[Configuration] (設定) > [Software Update] (ソフトウェアアップデート)グループで使われます。Talend Administration CenterはTalendアップデートサーバーからパッチをダウンロードし、このアカウントを使用してNexusにパッチをアップロードします。Talend Studioにより認証情報なしでNexusからパッチをダウンロードできます。

[Roles] (ロール)タブ内に、次のロールが表示されます:
  • talend-updates-admin
  • talend-updates-read-only
  • talend-custom-libs-admin
  • talend-custom-libs-snapshot-read-only
  • talend-custom-libs-release-read-only

[Repositories] (リポジトリー)タブ内に、次のリポジトリーが表示されます:
  • talend-custom-libs-release
  • talend-custom-libs-snapshot
  • talend-updates

次のタスク

Talend Administration Center[Configuration] (設定)ページに移動し、作成したリポジトリーに設定内容を追加します。

詳細は、Talend Administration CenterユーザーガイドでTalend Administration Centerでソフトウェアアップデートリポジトリーを設定Talend Administration CenterでTalend Artifact Repositoryを設定、およびユーザーライブラリーロケーションの設定をご覧ください。